1歳9か月のムスメの浴衣&バッグを手作りました。

ベビーというべきか、キッズというべきか迷う時期ですが、参考にした型紙がベビーだったのでベビー浴衣で。
20160701104409
肩上げと腰上げをして80~90サイズくらい。

もともとは私が小学生の頃に着ていた浴衣(おそらく130サイズくらい)を全部ほどき、仕立て直しました。20年前のものだからか、袖や裾の端は茶色い汗ジミがたくさん、、小さく仕立て直さなきゃ着れないくらいでした。

そして余った布を使ってかごバックを作りました。もちろんムスメサイズの小さ目のもの。浴衣によく合う、底の部分がかごになっている巾着バッグです。藻とは和菓子屋さんで水まんじゅうを買った時に入っていたかごを使いました。

とても簡単だったので、作り方を紹介します。お子さんの浴衣地に合わせて作るもよし、違う布で作るもよし、甚平に合わせるもよし。かごの大きさに合わせて作れるのでお子さんのサイズに合わせて作ってあげてみてください。
20160701104442
かごの形が丸の場合の作り方を紹介しています。タブレットで作り方をまとめたので見にくいですが、ご容赦ください。

***************

【子どものかごバックの作り方】

■材料
・かご
・布
・ひも
・飾り玉(今回はとんぼ玉を使いましたが、なくてもOK)

■道具
・手縫い針、手縫い糸(orミシン)
・待ち針
・アイロン
・ボンド


1)布にかごの大きさの円を描く
ざっくりでOK
IMG_0013


2)1cmの縫い代をとって円を切り、円周の長さ+縫い代1cmずつの長方形の布を切る
円周はかごをメジャーで計ればOK
長方形の布の高さはかごの大きさで調整ください(直径1.5倍くらいがおススメ)、上2cm下1cmのところで印を入れておいてください

IMG_0014

3)長方形の布を中表で横向きに折り、縦を縫う
紐通し口を開けるため、上から2cm縫い、1cm開けて下まで縫う
紐通し口の上下の縫いはじめと終わりはほつれにくいようにしっかり返し縫をしておいてください
IMG_0015

4)上側を1cmずつ三つ折りにし、端3mmを縫う
IMG_0016

5)中表にし、円と長方形の底の印を合わせ待ち針で止め、印の上を縫う
かごで隠れるので、多少ずれても大丈夫!くっつけば大丈夫!
IMG_0017
 
6)巾着の裏表をひっくり返し、ボンドの底と側面にボンドをつけ巾着をくっつける
透明ボンドがおススメです
IMG_0018
 
7)ボンドが乾いたら、かごと底を糸で縫い留める
紐通し口からひもを通す
IMG_0019
20160701104543
よーーーーく見ると縫い留めている白い糸が見えます

8)ひもの端にもほつれないようにボンドをつける
とんぼ玉を通すとこんな感じ、2個でも可愛いと思います
20160701104431
ボンドが乾けば 完成!きっちりきっちりずれないように作らなくても巾着のしわで隠れるし、かごで隠れるし、初心者さんでも安心してつくれると思います。

まだ1歳児のムスメはまだバッグを持って歩く、ということができないので今年は出番がなさそうですが、あと2,3年は使えそうです。浴衣も少し大き目で作って肩上げと腰上げをしたので、4歳までは着てもらう予定!

ちなみに浴衣の型紙はいつもお世話になっているこちらのシリーズを使いました。浴衣地での作り方、普通地での作り方それぞれのっているのでとても便利です。

実物大型紙・ベビーのゆかた【RCP】
価格:540円(税込、送料別)


少しひも長すぎたかな。先っぽに付けたとんぼ玉に夢中のムスメ。
20160710094217