ぺきこぶろぐ

ついについにわが家に圧力鍋がやってきました!
選んだのはワンダーシェフ社のorth PLUS(オースプラス)!

ちなみに初めての圧力鍋。色々探して検討して比較して、、、決めたのがコレでした!
IMG_1729


 IMG_1727
店頭で実物を見たり、圧力鍋を持っている友達に聞いたり、Amazonや楽天の口コミを見たりと色々リサーチ。

初めての圧力鍋だから安心して使えて、長くマメに使えるものがいいなあ。というのが一番でした。
(圧力鍋は重いからカレーしか使わなくなった、というのがよくあるパターンらしい)
そこで上記プラス、私のこだわったポイントをまとめました。

・信頼できる会社のもの
・かさばらない(できれば両手鍋)
・のちのちパーツが手に入りやすい
・高圧と低圧の切り替えあり
・できれば3万以内
・開け閉めが楽
・オシャレ

圧力鍋の王道、ドイツ製のFissler(フィスラー)やWFM(ヴェーエフエム)などはもちろん見ました。オシャレで安全性も高そうだし、もちろん長く使えそう。しかし!高いです。(高圧/低圧切り替えなしはそうでもないけど)初めてできちんと使いこなせるか不安な私にはもったいない。あと基本片手鍋仕様。フライパンもティファールの取っ手のとれるシリーズを使っているので、あの片手鍋の取っ手が邪魔でしょうがない…

次に気になったのは初心者に大人気、T-fal。蓋の開け閉めはしやすいし、圧がかかった後の余熱?の時間も自動で計算して教えてくれるタイマー付きのものもあり。安心して使えそう。ですがこちらは圧力が低い。圧力が低いと余熱の時間が長い。今までの通常鍋に比べればずっと短いですが、どうせならもっと時間短縮したい。タイマーに結露がついて使えなくなったという口コミもちらほら…

最後に安心安全の日本製!?アサヒ軽金属の0活力鍋。圧力鍋を買おうと思ったきっかけはコレを使っている人に勧められたから。ちなみにこの人は大小2台持ち。具がすぐ柔らかくなるから味噌汁とか作るのにも使っているそう。でも買えるのがアサヒ軽金属の直通販のみ。配送まで時間がかかる、パーツの発送にも2週間、、などという口コミ。今時それ遅くないか、と思ってやめました。

そんなとき、店頭で見たワンダーシェフ社のorthに一目ぼれ。orth PLUSの一つ前のタイプです。ワンダーシェフは大阪の会社、たくさんの圧力鍋を出しています。あとは両手鍋タイプだったこと、蓋のワンプッシュ開閉、オシャレな見た目にやられました。しかしながら高圧しかなくって悲しくなっていたところ、ワンダーシェフ社のサイトで高低圧選べるorth PLUSを知り決定となりました!中国製であることに少し不安を感じましたが、日本の製品安全の印も持っているので、そこは信頼。パーツが摩耗してもワンダーシェフのサイトから購入できます。お値段は定価で25,000円。(蒸し器つき)


でもorthの口コミやブログはあるんだけれどorth PLUSの口コミは少なく…もしorth PLUSの購入検討の方の参考になれば。

今のところ、蒸し野菜、カレー、スープなどを使いましたが、初心者でもとても使いやすいです。圧がかかった音も大きくなく、でも気づかないほど小さくもなく、蒸気が人にかかる心配もなく安心。高圧と低圧を使い分けられるので、蒸し野菜も野菜によって使い分けができて失敗なし。カレーは今まで1時間以上煮込んでいたのが5分(笑)!月並みのセリフですが「もっと早く買えばよかった!」です。パーツも洗いやすく、カレーもスルッと汚れが落ちました。
IMG_1728
蒸し野菜は沸騰時間+2分

そして、、、楽天の爽快ドラッグさんだとクーポンを併用すればほぼ半額で買えます!取り寄せなのでかなり時間はかかりますけど。(2週間強かかった)他の楽天のお店でもなかなかお安くなります。せっかくだから比較して気に入ったお店で買いたいですよね。
 

赤もあるよ!

わが家にもやってきました、お絵かきボード。いつの間にか私の父が買っていました。

ペンやクレヨンを出さずに手軽にお絵かきできるから、親は楽ちん。もちろんムスメは大喜び。最近のは色付だったり動いたりするものもあるらしい、、進化ってすごい。

でもこのお絵かきボード、とっても収納しにくい!

わが家はおもちゃ棚に無印のものを使っていますが、本棚みたいに入れても大きいからはみ出て邪魔。底が水平ではないので綺麗に立たない。イライラ…

毎回売っていた時の箱に入れて収納したら綺麗に立つけど、子どもが使いたいときに出せない。毎回呼ばれる。メンドイ…

というわけで壁に貼り付けました。
IMG_1164
すると派手な色合いも意外に子ども部屋を明るくしてくれました。しかもちょうど手作りマスキングテープ身長計の横に綺麗に収まりました。→マスキングテープで簡単子どもの身長計ステッカー

ムスメは壁に描けるのが楽しいらしくよく遊ぶように。しばらく遊ばなくても壁にあると目に付くから、また遊びだしたり。


肝心の壁への固定方法は、
・石膏ボード用フック×1
・ひっつき虫×5個くらい
です。

IMG_1161
上部をひっかけている石膏ボードホックです。賃貸ですが穴あけました。でもアーチの形がちゃんとホックにひっかかる形状ではなかったのでここにもひっつき虫を中につけて固定しています。

IMG_1163
IMG_1162
 右下を左下にひっつき虫を。これはきれいに貼って剥がせるものです。粘土みたいで形が自由自在。割とわが家では大活躍しています。結構はみ出ていますが、壁が白なのでほぼ目立ちません。

IMG_0448
こんな感じで横に置いてあるキッチンセットに座り、お絵かきを楽しんでいます。これはシマウマだそう。

IMG_1155
 ムスメのお友達が来た時に大人気。壁にお絵かきできるのが新鮮なのかな。ちょっとうれしい。


これがコクヨのひっつき虫。何度でも使えるのがまたよい!

一応穴が目立たない、というものにしました。刺しやすい。

夏にIncocoを使いはじめ、今もずっと愛用しています。相変わらずなんて楽ちんネイルなんでしょう。
 
何度も使っているうちに上手な自爪サイズの合わせ方を思いつきました。(誰でも思いつくかもしれないんだけど…)
公式サイトにはIncocoは柔らかいシートなので、自爪に合わせて幅を伸ばしてください、的なことを書いていましたが、それでは柄も伸びちゃうし一部分だけしか伸びなくでなかなか難しいです。

そこで思いついたのがハサミ!自爪より小さいサイズのものを伸ばして合わせるのでなく、大きいサイズのものを切って使います。
IMG_0336
1枚づつにして(シート、フィルムははがさない)、片辺を1mmずつくらい切り落とします。右利きの方は右側を切るときは表、左側を切るときは裏にします。 1mmずつ切って白いシートをつけたまま、爪に乗せ確かめながらぴったりのサイズまで幅を調整していきます。

以上!

こんな感じです。
IMG_0337
余裕がある方は根元のサイズも自爪に合わせて丸みをだしたり直線にしたり調整すればよいと思います。

幅を調整してから説明書通りの使い方をすれば、ばっちりです。
ぜひお試しください。

手先がガサガサだとせっかくのネイルも映えないのでハンドクリームは欠かせません。ハンドクリーム難民でしたが、アベンヌのハンドクリームに行きつき、ずっとリピしています。潤うしべたつかない、かゆくならない。 

子どもが生まれたらぜひお家に作りたかった身長計。

可愛くて、後々はがせるものを、、と1年近く探しておりましたがあまり良いものがありませんでした。なら、作ってしまえ!ということで作ってみました。

IMG_0354
材料はご存じmtのマスキングテープです。きれいに貼って剥がせます。

丸いシールもmtマスキングテープのmt CASAという壁紙専用のマスキングテープです。
IMG_0234
軸は普通のマスキングテープを使いました。縦にびよーんと貼りメジャー10cmごとに別のマスキングテープで印をつけ、横向きにも短いものをいくつか貼り付けました。多少の誤差はありますが正確性が必要なものではないのでOK。

めっちゃ曲がってますが、それも愛嬌と思うことにしました。。

丸いマスキングテープにポスカで数字を書き、乾いたら貼り付けて完成!余ったものは適当に余白に貼り付けました。なんて簡単!オリジナリティも無限大です。

IMG_0235
ムスメ、おそらく85cmくらいでした。いい身長計がリーズナブルにできて満足。
制作時間は15分くらいかな。ポスカが乾くのに時間がかかるくらいです。 

マスキングテープって本当に便利。、たくさん種類あります。
空柄の丸いシールが素敵です。これを身長計の上の方に散らして貼っても可愛いだろうなあ。  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

mt CASA シール 50mm×50mm:5シート
価格:340円(税込、送料別) (2016/11/10時点)


2年ほど前、今のマンションに引っ越した機会に水切りかごとサヨナラしていました。
ミニマムな暮らしにあこがれ、狭いキッチンを最大限に広く使おうと思ったからです。

しかし、最近どうも水切りかごのない生活に限界を感じるようになりました。
最大の理由は家事に「時間」がかかること!

水切りかごを使っていなかったけれど、ニトリのたためる水切り(719円)を使っていました。これはこれでスペースをとらないし、洗った野菜をちょっと置くのに便利でした。しかし、洗った食器のおける量に限りがありました。(大人2、子ども1分はぎりぎり)。
洗った食器類はニトリの上に、鍋やお玉などの調理器具は乗り切らないので調理台の空いたスペースにふきんをしいて乾かしていました。置くのにコツもいり、すぐ雪崩を起こし、毎回ハラハラしながら乾かしていました。


<<水切りかごなし生活振り返り>>

●一番最初の頃は…
洗った食器はすぐ拭いてしまっていました。ふきん2,3枚×3回(朝、昼、晩)。ふきんは毎日夜に手洗い煮沸消毒&干す。

ご飯を作る時間も含めてほぼキッチンに居るような気がしました…

●その次は…
洗った食器は次の食事を作り始めるまで乾かし直前に残った水滴だけ拭く。ふきん1,2枚×3回。ふきんは2,3日に1回洗って煮沸消毒&干す。

ずいぶん楽になりましたが、さあご飯作るぞ!というタイミングで食器を片付けないとスペースがない、、時間かかるなあーと思いながら1年ちかくこのスタイルでしていました。

●またその次は…
洗った食器は次の食事を作り始めるまで乾かし直前に残った水滴だけ拭く。はそのままで、ふきんを使い捨てふきんにしました。ニトリのカットシキダイフキン42p(205円)。ふきんの買い替えのタイミングだったので、ふきんの手間だけでもどうにかしようと。。すごく早く乾くので1日1枚×3回。使ったらぞうきんなどに使ってポイしてました。

しかし、子どもの食べる量が増えるにつれ食器の数も増えてきました。たためる水切りでは洗った食器を置くのにコツがいる&なかなか乾かないことにストレスを感じ始めました。ムスメもおままごとやお絵かきなど、一緒に遊んでほしいというようになったので食器拭きに時間をとられるくらいなら一緒に遊んであげたいと思いました。

思い切って水切りかご生活復活いたしました!どうせ買うなら気に入って使える&長く使える&便利なものを、と探しまくりました。

ポイントは
・シンクの上に渡しておけるタイプ
・ステンレス
・シリーズでオプションがある(トレーやカトラリー置きなど)

結果、選んだのはKEYUCA(ケユカ)の水切りかご。少々お高いけど、楽天評価がとても高い。オプションも充実。シンクの上に置けるので水はねもなく衛生的。39cmから60cmのシンクに対応なので引っ越しても使える。素晴らしい!実際のお店に行って見て大きさも程よく圧迫感もなかったので、横置きカトラリーポケットと一緒に購入しました。
IMG_0323
HASAMIのブロックマグビッグと大きさ比較。

ちゃんとかごになってるって本当に大事ですね。想像以上にたくさんおけます。今まで食器と調理器具と分けてたのがかご一つで間に合います。しかも何故だろう、、乾くのがすごく早い!!物は増えましたが、水切りかごの大切さが身に沁みました。毎食前にかたずけてもキッチンペーパー1枚いらないくらい乾いてます。

IMG_0324
洗い物が1か所でまとまってるとそれはそれでスッキリ。

ミニマム生活はあこがれるけれど、その分何かで(ふきんとか)代用してるわけで、時間も手間もかかるんですよね。。もし水切りかごなし生活を考えている方の参考になれば…と水切りかごなし生活を振り返ってみました。

でも、水切りかご生活がなかったから、このKEYUCAの水切りかごに出会えたんですよね。よかったよかった。

 

掃除機、みなさんは何を使っていますか。
やっぱり掃除機といえばダイソン?お掃除ロボット、ルンバ? 

わが家では、パナソニックのサイクロンを使っています。
 

型は違うかもしれないけど、自走式で掃除が簡単でそこそこのお値段で吸引力がちゃんとあるもの。と選びました。悪くはないです、ちゃんと吸うし。でもでも…
出すのがめんどくさい…!!というコードありだからこその悩みが出てきました。

子どもは2歳ですが、まだまだ上手に食べられないので食べこぼしがすごいです。毎食後、この大きな掃除機を出すのはかなりのストレスでした。もうめんどくさくなって、そのままでいいや、とほっておくことも何度か…

で、思い切って買いました。サッと取り出せて手軽に使えるコードレスを。

選んだのはマキタの コードレス掃除機、パワーの一番ある18v。
IMG_0228
大きさ比較:左からマキタの掃除機、クイックルワイパー、豆椅子。

●なぜマキタか?
やはり迷ったのはダイソンかマキタ。ダイソンは壁に掛けられるけど、それには壁に穴を開けなくていいけないらしい(友達談)賃貸なので不可。立てかけて置いておくなら安いにこしたことはないし、口コミをかなり見比べましたがお値段も含めマキタの方が魅力的だった。 後、紙パック。サイクロンの掃除は面倒だった…紙パックが小さくて、という声もあるけどマメに変えた方が清潔だし小さい分ランニングコストは低い。

● 重さと音と大きさ
バッテリーをつけると確かに重い。でも15分3LDKのわが家を掃除するには全然平気。ちょこっとがけぐらいならまったく問題なし。音は最初でかい!と思ったけど、音の出るとことが近いから?コードありと変わらないし、実家にあるコードありダイソンに比べれば静かな気がする。 大きさは1,004×115×151mm (長さx幅x高さ、ノズル付き)だそう。白だからかそんな大きく見えない。

●吸い
コードありとの差が正直わからないくらいよく吸います。大き目のパン屑だってへっちゃら。

●個人的に良かったところ
LEDライトいいです。トイレとかいちいち電気つけなくてもさっとかけられる。節電になる!
ヘッドが小さいから今までの掃除機だといちいちヘッドをはずしていたところもそのままかけられる。

●個人的に残念だったところ 
ヘッドにローラーがついてないので洗面台マットやトイレマットなどの小さいものは吸い付いてかけづらい。
カーペット、キッチンマットは問題なし。
 

結果、3万円弱で掃除ストレスから解放されて本当に買ってよかったです。気になったときにサッとかけられるってなんて素敵なんでしょう!!家が綺麗だと子どもにも心にもいいですねえ。。

このままメイン掃除機はマキタに移動しそうな予感…